モチベーションは風俗

そこには自分の理想がありました

とっても健気な風俗嬢との時間こそ、ある意味で自分の理想そのものの時間だったんじゃないかなって思いました。彼女、とっても可愛いのはもちろんですけど、性格も奥ゆかしいし、こちらへのプレイもとっても丁寧でした。特にお口の際は、歯を立てないようにってことを必要以上に意識していたんでしょうね。だから唇がかなり厚ぼったい状態での奉仕になりましたけど、でもそれが良かったんです。そう言った姿勢もまた、男としてはそそられるものがあるじゃないですか。それだけじゃないんです。基本的にとっても上品というか大人しいというか、いつもの風俗とは違ったリズムだったんですよね。そこに自分でも大きな感動が待っていたのかなって思っているんです。奥ゆかしい子が自分のために頑張ってくれている。そのシチュエーションが自分にはとてつもなく堪らないものに感じたんですよね。やっぱり風俗は、イマジネーションを刺激される方がいろいろと興奮するんだなって。

悔いを残すのは勿体ないですしね

風俗嬢との一戦は悔いのないようにする。それが自分のモットーでもあるんですけど、じゃあ悔いが残らないためにはどうするのか。何が必要になるのか。この答えは実は風俗嬢じゃなく、自分にあると言っても過言ではないんです。悔いの残らないプレイのためにと聞けば、ホームページでもポータルサイトでも良いのでしっかりとチェックして自分に合った風俗嬢を指名することだって思うかもしれません。それも一理あると思うんですけど、相手の問題よりもむしろ自分ですよね。人の気持ちって伝染するものだと思うんですよね。つまり、自分が楽しもうって気持ちを持っていれば、自ずと楽しい時間になるし、逆に自分がつまらなそうな雰囲気を出してしまったら風俗嬢だってテンションもモチベーションも下がるんじゃないですかね。もちろんお客と言う立場なのは分かっていますけど、だからと言って踏ん反り返って偉そうにしていても結局の所、あまり意味はないかなって。